結婚相談所で運命の人との出会い!今の旦那さんです

メッセ―ジをやりとりして約3週間。彼の名前はYさん。プロフィール写真がタレントの照英さんに似ているので、照英くんと書かせていただきます。

照英くんはなんと4歳年下の20代。年下は嫌ではなかったけど、なんとなく年上が多かった私としては新鮮。おばちゃんだと思われないかな……とちょっと心配になりつつも待ち合わせ場所にGO!

ちなみに照英くんと私の家の最寄駅は偶然にも同じ沿線。丁度中間に大き目の駅があるので、そこでお茶をする流れになりました。お互いにほとんど行ったことがない駅だったので、私は事前にネットでカフェの情報収集。そういった下準備も慣れっこです。

駅改札付近で照英くんと待ち合わせ。ほぼ時間通りにやってきた照英くんは写真と同じく照英似。背は高くてがっしり目。そしてやっぱり若い……。

ちょっと引け目を感じつつも、照英くんと事前に調査しておいたカフェへ。余談だけど、10人位の男性と二人きりでお茶したけれどカフェまでリードしてくれたのは一人だけ。しかも駅前のサイゼリア。。。

オーネットのMさんいわく、男性でお茶や食事ができる場所まで誘導できる人はほぼいないと考えて良いそうです。女性ウケしそうな場所!?と力が入ってしまうみたい。「そこは割り切ってください」なんだそうです。

さて、カフェについた照英くんはあまり話しません。はっきり言ってしまえば暗い。ハキハキしていないタレントの照英さんを想像してくれればOK。メールと同じで話してくれても短文。

私のことを話しているのでは仕方がないと、照英くんに質問タイム。「がっしりした体型だけど、運動とかしてるの?」と切り出すと「今はジムに通ってます……料理が趣味なんで」とつぶやく照英くん。

料理が趣味でジム!?アバンギャルドな返しに驚いていると照英くんが慌てて「料理作るのが好きなんです!だから体型維持のためにジムへ!」と顔を真っ赤にしながら訂正。それを見て思わず笑うと、さらに恥ずかしそうな顔をする照英くん。なんだろう……この感じ。不器用だけどとっても癒される、今までにないフィーリング!

その夜、照英くんからメッセージが届きました。

「ケイコさん、今日は楽しい時間をありがとうございます。カフェの場所とか会話とか、リードしてくれてうれしかったです。今度一日どこか行きませんか?」

略するとこんな感じだけれども、照英くんにしてみると長文のメール。真っ赤になった照英くんを思い出すと優しい気持ちになれました。

正直、Iさんや他の人とはまったく違う感情。でも、彼は年下。私なんかを相手にしてくれるわけがない……なんとなくそんな気がしていました。浮れちゃいけないって。

照英くんとのデートは早々に実現。なんとベッタベタに動物園に行くことに。一度会ってからメッセージだけじゃなく、電話もした私たち。そこで「どこに行く~?」なんて話していると、照英くんが「動物とか?」と切り出してきたのです。「動物って……動物園?」今ごろ顔真っ赤なんだろうな~と思うとかわいくて、そのままOK。

動物園デートでは、なんと照英くんがお弁当を作ってくれるというサプライズ!なんでも動物園でお弁当を食べるシチュエーションに憧れていたらしいです。なぜかコアラにご執心で興奮している照英くんを見ていると、微笑ましい気持ちになりました。

この人とずっと一緒にいたいな……。私の心は惹かれていたけれど、彼は年下。自分からは動けずにいました。期待しちゃいけないよなって。

そんなデートも4回ほど重ねたときでしょうか。照英くんは帰り際に「ケイコさん、一緒に退会しませんか?」と言ってきたのです。

たいかい?大会?タイカイ?と思っているとどうやらオーネットのこと。照英くん、いつも言葉足らずね。そして「僕とお付き合いしてください」と告白してくれたのです。

信じられない気持ちのまま交際へと発展、3か月後にはお互いの両親に紹介をしてオーネットは二人で退会。
メールを始めてから10か月目には入籍しちゃいました。

不器用だけどまっすぐでかわいい(今はときどきにくたらしい笑)照英くんと今でも仲良くやっています。運命の人と出逢うとびっくりするようなスピードで話が進むって言うには聞いたことがあったけど、本当だったんだ……と実感。

ちなみに照英くん、自分がシャイだからリードしてくれる年上女性が良かったんだとか。最初にカフェを事前に調べてくれたと知ったときに、「この人だ!」と思ったそうです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする